2016年5月29日日曜日

コブラ・コーリー共同対談パート2

2016年5月29日

コブラ・コーリー共同対談パート2

Corey Goode – Cobra interview w/ Rob Potter – Part 2

http://2012portal.blogspot.jp/2016/06/joint-cobra-corey-goode-interview-by.html

http://thepromiserevealed.com/corey-goode-cobra-interview-w-rob-potter-part-2/


Rob Potter:
ご来場の皆様、今回は再びコーリーとコブラをお迎えして、共同対談パート2をお送りします。
非常に楽しみな対談です。
お互いに相手の情報を確認しながら、補足説明してくれています。
この大いなる結束を楽しんで頂ければ幸いです。
それと、完全開示のための瞑想や、シャスタ山での秘密宇宙プログラム会議や、
コブラのアセンション会議があることを忘れないで下さい。
光の仲間と繋がる場所がたくさんあります。
是非、光の担い手として活躍して、あなたのコミュニティへの情報提供者になって下さい。
この惑星の地表には、やがて途方もない変化がやってきます。
人々の準備を促すためにも、この対談でいくつかの点をはっきりさせておきたいと思います。
まず最初にコーリーに聞きたいと思います。
少々「自己奉仕的」なETグループも太陽系に来ていると言いましたが、本当ですか?

Corey Goode:
ええ。

Rob:
ブルーエイビアンズがここにいる理由として、私たちはパラシュートみたいなものだから、と言いました。
地球の混乱が彼らの進化を妨げているとも言いましたが、それも本当ですか?

Corey:
ええ。
このようなケースは、信条や手本に従い、他の存在の創造に関わったり、手を加えたりするすべての存在に当てはまります。
彼らが何千年何百万年をかけて、ある時点まで進化すると、
彼らは以前の自分の創造物のところに戻って、絡まったカルマの糸を解さないと、次の進化レベルに上昇できません。
でも、私たちはこのスフィアビーイングの創造物ではありません。
しかし、彼らが何百万年何十億年前に取った行動がどうも彼らを私たちに結びつけて、
私たちが次の次元に上がらないと彼らも上昇できないようにしてしまったようです。
彼らは彼らなりにできる限りの進化をしてきました。
彼らの究極の目標はソースに立ち戻ることです。

Rob:
つまり、彼らも彼ら自身の成長課題でここに来ているということですね。

Corey:
さっきの回答の中に指摘した通りです。

Rob:
そうでもなければ、おそらく今回彼らは仲裁しに来なかったかもしれません。
つまり、彼らも自己奉仕的ということになりませんか?

Corey:
ええ。
カーリーはそうやって私をびっくりさせました。
おそらく彼女は自分たちが自己奉仕的と位置づけられたことを反論したのでしょう。
まぁ、いってみれば、もし私たち全員が一つの存在で、みんな因果関係でつながっているとして、
またはあるレベルで私たちが全員つながっているとしたら、
あらゆる存在はその定義でいくと、自己奉仕的にならないといけません。
ソースに戻るためには、自分が正しい道にいる、または正しい道を歩んでいることを確かめなければいけません。
そういう意味で、全体的な規模で考えれば、彼らをそう分類することもできるでしょう。

Rob:
まあ、彼らは高い技術をもっているので、みんながその言葉に耳を傾けるしかないようにも見えます。
コブラ、ここまでの会話についてのコメントを頂けませんか?

Cobra:
はい。
銀河全体は一つの生き物です。
それは生きている生命体であり、銀河生体の中にあるすべての細胞はつながっています。
もし、一つの細胞がガンに侵されたら、銀河全体の完全な進化は阻まれます。
同様に地球の状況が解消されない限り、銀河内のどの種族も完全な進化を遂げることは出来ないのです。
他人への奉仕と自己奉仕の区別は人為的に仕立てられたものです。
存在同士を仲違いさせるためのプログラミング策略です。
どの生き物も、まず自分自身を大事にしないと、他者を助けることは出来ません。
カギは、自分に必要なものを大事にしながら、他人を助けるというバランスです。
進化した銀河社会ではそのバランスが保たれています。
自分に必要なものを大事にするということは、他人を踏んづけることを意味しません。
銀河全体で尊重される協力関係を作ることを意味します。
これが進化した銀河種族の実現したことです。
彼らは戦争も対立も要らない文明社会を作りました。
実のところ、対立はある種の異常です。
銀河の大部分にとってここで起きていることは純粋に狂気です。
彼らは愛に溢れる現実の中で暮らしています。
愛情に溢れる銀河の大海で暮らす彼らにしてみれば、私たちの現実はただの狂気でしかありません。


2016年5月27日金曜日

コブラ、ランディ・クレイマー、レッドドラゴン大使、ロブ・ポッターとのジョイントインタビュー/ディスクロージャーに関する座談会

2016年5月27日

コブラ、ランディ・クレイマー、レッドドラゴン大使、ロブ・ポッターとのジョイントインタビュー/ディスクロージャーに関する座談会(前半)

The GoldFish Report No. 53: ExoPolitics RoundTable Part 2
May 27, 2016
with Host, The Ambassador of the Red Dragon family and Panel:
Cobra, Randy Cramer and Rob Potter, and the GoldFish Report Team, Producer and Co-host’s Louisa and Steve

http://prepareforchange.net/2016/07/07/round-table-with-red-dragon-ambassador-cobra-randy-cramer-and-rob-potter-may-2016/

http://nebula.wsimg.com/818ce01d87e48d873ef5a8393a86a5e8?AccessKeyId=D024642E08D25FC38E4B&disposition=0&alloworigin=1


2016年5月23日月曜日

太陽系情勢の最新情報

2016年5月23日付

太陽系情勢の最新情報

Solar System Status Update

http://2012portal.blogspot.jp/2016/05/solar-system-status-update.html

太陽系外縁部の向こうにあるオールト雲は、2、3光年の幅で広がっています。そのオールト雲が、銀河連合の母船で一杯になっています。銀河中から何十万ものポジティブ種族の代表が大結集しているのです。

(訳注:オールト雲は太陽系の外側を球殻状に取り囲む氷微惑星の集まりで、長周期彗星はここからやってくると考えられている。太陽から約1光年先に位置する)

https://en.wikipedia.org/wiki/Oort_cloud

彼らは、圧縮突破を手助けするためにここに集結しました。

光の勢力(セントラル種族、銀河連合、プレアディアン、シリウス星人、アンドロメダン、アークチュリアン、レジスタンスムーブメント・・・)は、今なお、太陽系外縁部(海王星軌道以遠)にある、太陽圏内の末端衝撃波面の領域のキメラ・バリアの解体に取り組んでいます。

これに時間が掛かっている理由の一つは、地球で組織された秘密の宇宙プログラムが、この数十年間にすべてキメラに浸透されていたことです。


2016年5月13日金曜日

コブラ&コーリー共同インタビュー Part1

2016年5月13日

コブラ&コーリー共同インタビュー Part1

(前半)

Friday, May 13, 2016
Joint Cobra / Corey Goode Interview by Rob Potter Part 1

http://2012portal.blogspot.jp/2016/05/joint-cobra-corey-goode-interview-by.html?m=1

2016年5月8日日曜日

イベントはまだ起きていません

2016年5月8日付

イベントはまだ起きていません

Event Situation Update
http://2012portal.blogspot.jp/2016/05/event-situation-update.html

最近、ブログ界隈が様々な噂で賑わっています。曰く、イベント/リセット/RV/共和国の復活が始まった、あるいは、もう起こりつつある、と。これらの噂は現実に基づいたものではありません。まだ状況はいつも通りのままです。

https://geopolitics.co/2016/05/08/did-obama-sign-presidential-transition-eo-specifically-for-gen-joseph-dunford/

私がこの間のアセンション会議で、イベントがすでに始まったと言ったと主張する人さえいます。私は決してそんなことを言っていません。近頃一部のブログで掲載されているアセンション会議の講義ノートは、およそ70~80%は信頼できますが、多くの情報が欠けています。会議の場には素晴らしいエネルギーがあるので、興味のある人は直接アセンション会議――次回は6月の初め(6月4日~5日)です――に参加する方がずっと良いことなのです。

http://portal2012.org/Greece.html

イベント/リセット/RVが始まれば、誰にでもはっきり分かるし、マスメディアでも報道されます。

イベントが起きるには、その前に太陽系のプラズマ異常が解消されていなければなりません。太陽系のプラズマのエンティティー(ヤルダバオト)が解体して、プラズマのトップレット爆弾が除去されねばならないのです。


2016年5月1日日曜日

現況について

2016年5月1日付

現況について

Situation Update
http://2012portal.blogspot.jp/2016/05/situation-update.html

キメラグループの掃討は続いています。今まではキメラが、太陽系内の様々な派閥間のコミュニケーションと機密情報の流れをコントロールしていました。ストレンジレット及びトップレット爆弾で脅すことで、情報を封じ込めていたのです。このようにして機密情報は仕切られていました。

現在、この情報のバリアはゆっくりと消えつつあり、様々な派閥間でコミュニケーションが取られ始めています。プレアディアンや、銀河連合に属する他の種族は、キメラの支配下にある秘密宇宙プログラム(SSP)の派閥の人員にコンタクトしています。

銀河法典が、最近、太陽系内のSSPの派閥に取り入れられました。そしてまた地球地下の派閥の多くにも、取り入れられました。銀河法典は、銀河中のほとんどのポジティブ種族の間で知られており、受け入れられています。SSPの派閥は目下のところ教育されている最中ですが、すんなりとはいきません。


【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP