2017年3月2日木曜日

ヴリロン事件~銀河連邦アシュタル・コマンドからのメッセージ

もしある宇宙文明が地球の人々と連絡を取ろうとしたら、彼らはどうやるのでしょうか?
彼らの宇宙船をホワイトハウスの芝生に着陸させるのでしょうか?そんな社交辞令は飛ばして、彼らの宇宙戦艦を世界中の主要都市の上空に浮かべるのでしょうか。それとも、もしかして、昔のテレビ放送の反射電波に隠しメッセージを入れて送り返してくるのでしょうか。
1977年11月26日、イギリス南部の ITNニュースを乗っ取って、「宇宙人からのメッセージ」を伝えようと誰かが画策しました。
夕方の放送中に、奇妙で耳障りな雑音が突然ニュースキャスターのイボール・ミルズのニュース報道に割り込んできました。音声だけが乗っ取られました。
それに気付かずに、ミルズはその日のニュースを読み続けました。でも各家庭の視聴者達は、アシュタル銀河司令部を代表すると主張する誰かからメッセージを受け取っていました。
その夜に伝えられたメッセージの解釈は人それぞれでした。Wikipedia によると、1977年に発行されたフォーティーン・タイムズにある記録では、その人は銀河間ミッションのアステロンと名乗っていたそうです。
ギヨン、またはブラマハという人もいれば、聞き取れないという人もいました。
結局、その時の総意として、その11月の南部ITVでの発言者は自分をヴリロンと呼んでいたという結論になりました。
放送への割り込み時間は全体で5分半でした。その間、歪められた声は「空中にある光」や世界に脅威をもたらす災難について言及しました。「新時代」の到来を告げ、私たちがもっている「邪悪な兵器」をすべて破壊すべきだとも。
以下の動画はその放送を再現したものです。(映像はさほど忠実ではありませんが、それでも面白いです)
訳注: 全文は下の方に訳してあります。
ここには、もう少し明瞭な音声のMP3ファイルがあります。
この動画の中の音声またはリンクされた mp3 が実際の録音かどうか、それとも再現かは断定できません。
当然のことながら、視聴者は困惑していました。「送信」が終わると、音声は何事も無かったかのように通常に戻り、脈打っていたブンブンという音も徐々にアニメ「ルーニー・トゥーンズ」のよじれた音声に切り替わっていきました。
のちに、それが作り話として見なされ、相当のスキルを持っていた誰かが仕組んだとされました。合わせて五つの送信機が乗っ取られました。マックス・ヘッドルーム事件のように、仕掛けた人が捕まることはありませんでした。
当然ながら、ヴリロンが本当に宇宙人である可能性ももちろんあります。
この事件以外にも、アシュタル銀河司令部について多くの物語があります。

ヴリロンの声
書き起こし: Curt Rowlett
こちらはヴリオンです。アシュタル銀河司令部の代表として皆さんに語りかけています。
長年にわたって、皆さんは私たちを空中にある光として見てきました。あなたたちの惑星地球でいままでもしてきたように、いま私たちは平和と知恵を持ってあなたたちに語りかけます。
あなたたちの種族とあなたたちの世界の命運についてあなたたちに忠告しに参りました。あなたたちの世界や、あなたたちの周りにある私たちの世界の存在たちに脅威をもたらす災難を避けるように、あなたたちは話し合って今後のあり方を決める必要があります。
あなたたちの惑星はいま新しい水瓶座の時代に入っており、このメッセージはあなたたちが偉大なる目覚めを分かち合うために伝えられています。新しい時代はあなたたちの種族にとって大いなる平和と進化の時代になるでしょう。でも、それはあなたたちの統治者達が自分たちの判断を曇らせる邪悪な存在に気付かせられた場合の話です。
しっかり聞いて下さい。あなたたちにとっては二度とやってこないチャンスかもしれません。
あなたたちがもっている邪悪な兵器はすべて取り除かなければなりません。対立の時代は終わっています。あなたたちの種族は次の進化のステージに上る用意が出来ていますが、あなたたちはその資格を有することを示さなければなりません。平和と友好の中で共に暮らし、それを示す時間はそれほど残っていません。
これに気付いた小グループが惑星のそこら中にいます。彼らはやがて訪れる新時代の明かりをあなたたちに伝えるために存在しているのです。彼らの導きを受け入れるか拒否するかはあなたたちの自由です。でも、平和の中で暮らすことを学んだものだけは、霊的進化の高い次元に進むことが出来ます。
アシュタル銀河司令部の代表であるヴリロンの声をよく聞いて下さい。あなたたちの世界の中で悪さをする偽預言者や偽ガイドがたくさんいることに注意して下さい。彼らはあなたたちからエネルギを吸い取ります。あなたたちがお金と呼ぶエネルギを吸い取って、邪悪な目的に費やし、代わりにあなたたちに何の価値もないガラクタを与えるでしょう。
あなたたちの内側にあるディバイン・セルフ(聖なる自己)はあなたたちをそれから守ってくれるでしょう。何が真実で何が惑わし、混沌で嘘か、それを教えてくれる声に敏感でなければなりません。真実の声を聞き取れるように学んで下さい。その声はあなたの中にいます。その声があなたの進化の道筋へ導いてくれるでしょう。
これは私たちの親愛なる友人へのメッセージです。長年にわたって、あなたたちが私たちの光を空中に見てきたように、私たちもあなたたちの成長を見守ってきました。私たちがそこにいることをあなたたちは知っているはずです。あなたたちの科学者が主張するよりもずっと多くの存在があなたたちの地球の周りにいるのです。
私たちは、あなたたちの光に向かう道筋を非常に強く心配しており、私たちは最善を尽くして助けるでしょう。恐れないで、自分のことを知るように探し求めて下さい。惑星地球と同じように調和の中で生きて下さい。我々アシュタル銀河司令部の話を聞いてくれて感謝します。あなたたちが存在するこの次元界とまもなくお別れしなければなりません。宇宙の至高の愛と真実に祝福されますように!

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP