2015年10月30日金曜日

ヨーロッパのための瞑想レポート/インタビューのお知らせ

2015年10月30日

ヨーロッパのための瞑想レポート/インタビューのお知らせ
Meditation for Europe Report and Two Cobra Interviews

ヨーロッパのための瞑想は、部分的に成功しました。大勢の人々が参加しましたが、クリティカル・マスには程遠かったのです。

ロシアのシリア介入が、難民の波がシリアに戻るきっかけとなったことは本当です。私たちが瞑想した数時間後に、イランの通信社が伝えていた通りです。

一方、ライトワーカーと光の戦士たちは、難民問題の重大さをまったく十分認識していません。戦争から大量の人々が逃れているという、大きな本物の人道危機が起こっています。それとは別に、カバールはキリスト教徒とイスラム教徒間の宗教的憎悪に火をつけ、ヨーロッパを揺るがして第三次世界大戦にもっていこうとしています。この2つのことが混ざって全体の状況になっています。難民のおよそ3/4の人たちは、戦争の脅威から逃れてきており、私たちの愛と支援を受けるべき人たちです。けれども、ヨーロッパへの移民のおよそ4%はイスラム国の傭兵だと推定されます。さらに移民の20%はヨーロッパに入るために大金を与えられたものと思われます。経済移民の振りをしながら、実際は傭兵をバックアップしています。彼らのなかには、中東の軍事キャンプで訓練とマインドプログラムを受けた者たちがいます。兵站支援をしたのはCIAです。この作戦全体にかかった費用、数十億ドルは、ロスチャイルドとサウジが出しました。この移民セグメントは、偽造の、あるいは盗んだパスポートを簡単に手にいれ、ヨーロッパに潜入しました。

http://www.express.co.uk/news/world/604394/Alarm-Syria-sells-10000-passports-few-questions-asked

トップにいるヨーロッパの政治家のほとんどが、この侵入計画のことを知っており、快く、あるいは嫌々ながら支援しています。カバールの命令ですから。カバールのアジェンダは、2020年までにヨーロッパを部分的にイスラム国のカリフェイトに併合することで、彼らは本気で計画しています。

(訳注:カリフェイトはカリフの府、カリフの統治領。カリフはモハメッドの後継者を意味する称号)。

http://www.express.co.uk/news/uk/597254/ISIS-Map-Europe-Terror-Organisation-Andrew-Hosken-Caliphate-Abu-Musab-al-Zarqawi

カバールは、ヨーロッパの後で米国に対しても同じプロセスを取る計画でいます。先週、アルプス山脈の小さな国、スロベニアは、毎日1万人の難民を受け入れていました。もしこれを米国に置き換えたなら――メキシコとの国境を越えて、カリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサスにある数カ所の入り口地点を通り――毎日200万人相当の移民がなだれ込むことになります。

ロシアが介入したおかげで、ヨーロッパと米国に対するカバールの計画は成功しないでしょう。それでもまだ、世界中のライトワーカーと光の戦士が、マス・メディテーションでヨーロッパの平和を支えることがとても大事です。この度の地政学的状況は、第二次世界大戦終結以来、もっとも重大な局面を迎えています。私は、より多くの人々が、いざという時に光の勢力をサポートしてくれるよう、お願いしたいと思います。また、この瞑想を毎日行うよう内側から促されているように感じる人は、そうするのが良いと思います。私たちの瞑想とは別に、地表で緊急に必要とされているものは、光の勢力のスピリチュアルな介入です。それは、ストレンジレット爆弾の脅威が操作できるレベルにまで軽減すれば、起こります。

2015年10月23日金曜日

緊急! 世界同時! 拡散希望! ヨーロッパのための瞑想

2015年10月23日

緊急! 世界同時! 拡散希望! ヨーロッパのための瞑想

URGENT! TIME SENSITIVE! MAKE THIS VIRAL! Meditation for Europe October 25th, 2015
http://2012portal.blogspot.ca/2015/10/urgent-time-sensitive-make-this-viral.html


私たちは、最近のヨーロッパ情勢に早急に目を向ける必要があります。ヨーロッパでの難民危機が再び高まりました。

http://www.businessinsider.com/winter-weather-will-make-eu-migrant-crisis-worse-2015-10

http://www.theguardian.com/world/2015/oct/21/slovenia-calls-in-army-refugee-crisis-borders-europe 

http://www.express.co.uk/news/world/613809/European-migrant-crisis-refugees-set-fire-tents-Slovenia-selfies-travel-UK-Germany 

ヨーロッパの安定は、地球が地政学的に安定するうえでも重要です。そしてどれだけ着実にイベントに移行できるか、その鍵の一つを握っています。

そのため光の勢力は、できるだけ大勢の人たちが再び瞑想でヨーロッパの人々を支援するよう要請してきました。この瞑想は世界同時に行い、拡散する必要があります! 実際に瞑想を行う人の数がクリティカル・マスに達するように、大勢の人に情報を知らせる必要があります。光が勝利するために、私たちは目的を持って団結するときです。どうかあなたのウェブサイトやブログに投稿してください。あなたが代替メディアをご存知ならそこに送ってもいいでしょう。iphone で知らせることもできます。あなたがいる地域で、これを行う人々のFacebook グループを立ち上げることもできます。これに関するビデオを製作してyoutubeに投稿することもできます。


2015年10月21日水曜日

ロブ・ポッターのコブラインタビュー

2015年10月21日

ロブ・ポッターのコブラインタビュー(前半)

2015 October 27 – Q & A with Cobra

2015年10月19日月曜日

シリアにおける代理銀河戦争

2015年10月19日

シリアにおける代理銀河戦争

Proxy Galactic War in Syria
http://2012portal.blogspot.ca/2015/10/proxy-galactic-war-in-syria.html

キメラグループの掃討は続いています。そのことについては、現在あまり公表できることはありません。

一方、ドラコとレプタリアンの手先は、現在集中的に排除されているところです。その事態は一般の人たちにも知られるようになりました。

http://sputniknews.com/politics/20151018/1028720468/end-new-world-order-russia-shifts-balance-power.html
http://www.veteranstoday.com/2015/10/14/putins-wild-card-in-syria/

ここで理解すべき重要なことは、ハザール人が実際は、人間の身体に転生し続けているドラコであるということです。彼らはアトランティス時代後期にコーカサスポータルを通って地球に来ました。コーカサスポータルはまた、レプタリアン戦士奴隷階級にとっても、主なエントリーポイントでした。彼らはアトランティス時代に地球に来て、人間の身体に宿りました。後の新石器時代にもクルガン侵攻を通じて地球にやって来ました。

2015年10月15日木曜日

インタビュー/イベントサポートグルーブのお知らせ

2015年10月15日

インタビュー/イベントサポートグルーブのお知らせ

New Cobra Interview and Event Support Groups

アントワインのコブラインタビューです。彼のブログで読むことができます。

http://recreatingbalance1.blogspot.si/2015/10/cobra-interview-13th-october-2015.html

Youtube 版はこちら。



2015年10月13日火曜日

ディスクロージャー・クロニクル クリエーション-パート1

2015年10月13日
ディスクロージャー・クロニクル
クリエーション-パート1(前半)


10-18-15 Cobra: The Disclosure Chronicles – The Creation – Part 1 An Interview by Prepare for Change | Prepare for Change

http://prepareforchange.net/2015/10/18/cobra-the-disclosure-chronicles-the-creation-part-1-an-interview-by-prepare-for-change/

2015年10月6日火曜日

1996年に起きた記憶大喪失

2015年10月6日
1996年に起きた記憶大喪失
The Great Forgetting of 1996
http://2012portal.blogspot.ca/2015/10/the-great-forgetting-of-1996.html

1996年の侵略時に、アルコンとキメラはネガティブなバリアを太陽系の端(ヘリオポーズ;太陽圏界面)に張りました。その太陽系のバリア内に閉じ込められたすべての存在――地表の全人類、カバールの全派閥、地下にいるすべての存在(極めて少数の例外は除いて)、秘密の宇宙プログラムの全要員、すべてのプレアディアン、シリウス星人、アンドロメダン、アークチュリアン、ドラコ、レプタリアン、ゼータ、何であれ知覚力を有する存在はすべて――がプラズマのインプラントを埋められて、キメラのAIネットワーク(人工知能ネットワーク即ちベール)に繋がれました。アセンデッド・マスターと繋がっていた大勢の存在は、その繋がりが断たれました。スピリチュアルな性質の記憶は、多くが記憶の電子的解消装置(EDOM;electronic dissolution of memory)により消去されました。地上の住民に、秘密にされていた情報を明かすつもりだった多くの存在が、マインドプログラムされ、多くの場合、虚偽の情報と記憶がインプラントされました。全チャネラーはインプラントされ、チャネリングソースと繋がらないよう、ひどく妨害されました。

彼らはストレンジレット及びトップレット爆弾を仕掛けて、アセンドした存在が手出ししたり、コンタクトしたりできないようにしました。そのため、私たちの太陽系は、アセンドした存在がほとんどコンタクトできないゾーンになりました。太陽系内にいるプレアディアンでさえ、アセンドした存在に直接繋がることができませんでした。コンタクトは非常に限られていたのです。

このような事態はthe Great Forgetting of 1996 と呼ばれています。こうした状況がすっかり出来上がってしまったため、ほんのわずかな人しか、1996年前のスピリチュアルな繋がり――自分の魂やアセンドした存在との繋がり――を思い出せません。こうした状況がすっかり出来上がってしまったため、今は多くの人たちが、私の話していることを理解しかねていることと思います。

現在は、この障害物の大部分がすでに除去されています。しかし、太陽系内の誰もが(地上の住民も、地下や宇宙同盟から来ているほとんどすべての存在も)インプラントの一部が残っており、アセンドした存在との繋がりが断たれ、キメラがコントロールしているストレンジレット/トップレット爆弾のメカニズムに繋がれています。この理由により、私はまだアセンションプランを公表していないのです。単にまだ状況が整っていないためです。

もしストレンジレット爆弾が現実のものであることを疑っているのなら、ストレンジレット(への)転換に関する物理学がここに記されています。

http://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.105.141101

1999年、光の勢力はヘリオポーズに光のバリアを張りました。闇の影響を太陽系内に封じ込めてから一掃するためです。このバリアは2014年末にほぼ出来上がり、2015年5月に完成しました。
【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP