2014年6月18日水曜日

ISIS?

2014年6月18日付

ISIS?

ISIS?

http://2012portal.blogspot.jp/2014/06/isis.html

近頃、ジハード主義者の集団がシリアからイラクに入り、領土内の重要地点を制圧しました。

http://www.businessinsider.com.au/isis-controls-shocking-percentage-of-iraq-and-syria-2014-6

彼らの目的は、その領域にイスラム教の全体主義国家を創設することです。彼らはそれをイラク・シリア・イスラム国(ISIS)と称しています。

その集団はサウジアラビアとUSカバールの共同部隊です。(USカバール側の構成員はイエズス会士と、彼らのブラックウォーター/アカデミです。両者は舞台裏では仲間同士です)。

http://nsnbc.me/2014/06/15/isis-unveiled-identity-insurgency-syria-iraq/

http://nsnbc.me/2014/06/13/natos-terror-hordes-iraq-pretext-syria-invasion/

USカバールのアジェンダは、軍事侵攻の口実を作ってオイルダラーを延命することです。

http://philosophyofmetrics.com/2014/06/13/us-attempting-overthrow-of-iraqi-government/

そして軍産複合体も甘い汁を吸えます。

http://www.infowars.com/war-industry-stands-to-make-billions-off-isis-threat/

さらに深いレベルでは、オカルト戦争が進行中です。4,300年前、カバールのアヌンナキアルコン大君主らが、いわゆるアッカド帝国を創りました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Akkadian_Empire

アッカド帝国は極度に暴力的な社会で父系社会でした。非常に重要な女神エネルギーのボルテックスを抑え込むために創られました。この帝国は、その女神ボルテックスを7,000年以上昔に生み出したハラフ、ハッスーナ、サマッラ文化があった地域に創られたのです。(訳注:ハラフ、ハッスーナ、サマッラ文化では多数の母神像、女人土偶が出土している)。

http://en.wikipedia.org/wiki/Halaf_culture

http://en.wikipedia.org/wiki/Hassuna_culture

今、その同じアルコンが黒い貴族の家系に生まれており、恐怖の闇帝国を全く同じ地域に創ろうとしています。例の女神エネルギーのボルテックスをさらに抑圧するためです。

ハラフ/ハッスーナ/サマッラ文化の地図を、


2014年6月17日火曜日

ロブ・ポッターのコブラインタビュー

2014年6月17日

ロブ・ポッターのコブラインタビュー(前半)

2014 June 17 – Cobra Interview

http://thepromiserevealed.com/2014-june-17-cobra-interview/





2014年6月14日土曜日

宇宙女神の活性化

2014年6月14日付

宇宙女神の活性化

Cosmic Goddess Activation

http://2012portal.blogspot.jp/2014/06/cosmic-goddess-activation.html

6月21日の夏至に、光の勢力は、ある重要な作戦を完了することになるでしょう。その作戦についてお伝えできることは、まだ何もありません。

また、6月21日、夏至点に至った瞬間に、地球惑星の女神のアーキタイプを活性化させるプロセスが始まります。レジスタンス・ムーブメントとプレアディアン艦隊の、大勢の女性たちが瞑想して、彼女たちの愛のこもったエネルギーを人類に振り向けることで、この活性化がなされます。夏至点の瞬間は10時52分GMTです。

各地の時間はここで確認できます。

http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=COSMIC+GODDESS+ACTIVATION&iso=20140621T1250&p1=3667

日本時間は6月21日午後7時52分

あなたなりの方法でこの瞑想に参加できますが、以下が光の勢力からの助言です。

1.心地よくリラックスして目を閉じ、自分の息に注意を向けます。

2.愛のエネルギーに満たされた(一つの大きな)ピンクの卵で、自分の周りを囲みます。

3.あなたの大切な人たちを、同じく愛のエネルギーに満たされたピンクの卵で(それぞれ)囲みます。

4.全人類と地球の全生物を、愛のエネルギーに満たされた(一つの大きな)ピンクの卵で囲みます。

光の勢力はこの短い瞑想を、毎週日曜の解放瞑想の後に付け加えるように要請しました。愛のエネルギー場がシールドとなり、私たちを保護してくれるからです。


2014年6月9日月曜日

地球惑星の最新情報

2014年6月9日付

地球惑星の最新情報

Planetary Situation Update

http://2012portal.blogspot.jp/2014/06/planetary-situation-update.html

舞台裏では、光の勢力がキマイラグループの撲滅に集中しております。当然のことながら、作戦についてはあまり詳しくお伝えしません。私に言える唯一のことは、光の勢力が内部太陽系内(訳注:内部太陽系とは地球型惑星[水星、金星、地球、火星]と小惑星帯が位置する領域)にたくさんの基地を新しく設立したことです。特に小惑星帯、火星、月に基地が設けられました。光の勢力の新しい母船が多数、内部太陽系内の戦略的な位置につきました。より小型の宇宙船は、地球の近くに配置されています。目下のところ、中高度軌道(MEO)に重点を置いています。


2014年6月6日金曜日

月と光の勢力

2014年6月6日付

月と光の勢力

Moon of the Light

http://2012portal.blogspot.jp/2014/06/moon-of-light.html

月は、私たちの太陽系におけるもっとも重要な要塞の一つです。人工的な衛星でもなければ、レプタリアンだらけでもありません。光の勢力はすでに、すべてのレプタリアンとその他のネガティブな種族を彼らの基地と共に、月から一掃しました。

銀河の光の勢力の主要な基地は「ティコ」クレーターの中にあります。「ティコ」クレーターは非常に明るいクレーターで、地球から見た月面の南部にあります。


【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP