2013年2月19日火曜日

空の兆候

2013年2月19日

空の兆候

Signs in the Sky

http://2012portal.blogspot.jp/2013/02/signs-in-sky-first-sign-that-appeared.html


最初の兆候はローマ法王が辞任をした数時間後に、サン・ピエトロ大聖堂の丸屋根に雷が落ちた形で表れました。



第二の兆候はロシアのチェリャビンスク近郊に落ちた隕石でした:

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2279020/Russian-meteor-shower-Fireball-outer-space-1-000-injured-40-ton-meteor-travelling-33-000mph-explodes-terrified-town.html

http://rt.com/news/russia-meteor-meteorite-asteroid-chelyabinsk-291/

銀河連合は通常、あらゆる惑星外の物体が落ちてくることを防ぎ、惑星の地表を守ってくれますが、地球の外には宇宙があるという事実を人類に再認識させるため、またはカバールの奴隷として日常を過ごしていることを再認識させて目覚めさせるために、今回の隕石はそのまま行かせたようです。

この隕石は自然物です。UFOだったりカバールの陰謀ではありませんでした。

同日の数時間後、全く別の宇宙物体が地球に非常に接近しました:

http://www.space.com/19646-asteroid-2012-da14-earth-flyby-complete-coverage.html

次の空の兆候は、3月に観測できるパンスターズ彗星です:

http://earthsky.org/space/comet-panstarrs-possibly-visible-to-eye-in-march-2013

レモン彗星も3月に観測可能です:

http://thewatchers.adorraeli.com/2013/02/03/green-comet-lemon

今年の終わりには、また一つ壮観な彗星が観られるでしょう:

http://earthsky.org/space/big-sun-diving-comet-ison-might-be-spectacular-in-2013

これら全ての出来事は宇宙の自然現象であり、ソースから直接発生する惑星解放計画の一部でもあります。空のこれらの兆候の目的は、三次元からの人類の意識の上昇であり、それによってイベントと来る惑星規模の変化への準備をさせることです。

翻訳:NOGI

2013年2月10日日曜日

創造の力

2013年2月10日

創造の力

Power of Creation

http://2012portal.blogspot.jp/2013/02/power-of-creation-we-as-collective-have.html

私達は一丸となって、この惑星に黄金時代を築き上げる力を持っています。クリティカルマスに値する人々が決意をし、どんな反対にされ妨害を受けようがしつこく主張し続ければ、黄金時代は数学的確かさを持って訪れるでしょう。

報道はされませんが、背後では物凄いことが起こっています。2月22日の後には光の勢力の特定の作戦が完了するため、いくつかの情報をお伝えできるでしょう。

I AM の力

求めよ。さらば与えられん

想像は、現実になる。

無限の可能性

翻訳:NOGI
【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP