2012年9月9日日曜日

レプティリアン帝国の没落

2012年9月9日

レプティリアン帝国の没落

Fall of the Reptilian Empire

http://2012portal.blogspot.jp/2012/09/fall-of-reptilian-empire-we-are-in-last.html


私たちは今、レプティリアン帝国の滅亡前の最終段階にいます。アルコンや黒い貴族が牛耳っているカバールの地上の金融奴隷システムの下で存続する、地表エーテル面とアストラル面のレプティリアン帝国こそが、かつてこの銀河全体にとてつもなく長い間にわたって恐怖をばらまいた、オリオンの闇の帝国の最後の砦です。

しかし、ここ数十年の光側の進展はめざましく、レプティリアン帝国を屈服させるブレイクスルーの直前まで来ています。8月25日には地球上での光の勢力の作戦が大きな成功をおさめ、アルコンは敗北がもうすぐであり、避けられないということに気づくことになりました。8月25日から10月7日の間、彼らはパニックとなり、光側の進展を止めようと必死になりました。これは彼らにとっては、地球解放のために働く全ての人々に対立と混乱を生み出すための最後のチャンスなのです。

この期間には、ありとあらゆる非難、歪められた情報や虚偽の情報がインターネット上で見られるようになります。私は、人をジャッジしたり争いに巻き込まれるのを防ぐために、小さな真実を話す声に耳を傾けるようにすることをお勧めいたします。アルコンは、エーテル面とアストラル面のレプティリアンの手先を使って、人々の弱点、猜疑心、不注意を攻撃してきます。

この期間には、第三次世界大戦や戒厳令に対する恐怖が浮上してくるでしょう。カバールがいくらそういったことを起そうとしても、成功しないことでしょう。善良なET種族とレジスタンスムーブメントは平和を求めていますし、第三次世界大戦や戒厳令を防ぐためにカバールの重要メンバーに圧力をかけることも可能なのです。

今日は9月9日です。人々が恐れているような、「世界終末時計」で表されるような日ではありません。この日はむしろ、地上を照らすための光のポータルの日です。本日は可能な限り多くの人々に、毎週のリベラレーション瞑想に参加されることをお勧めします。

9月15日と9月23日の間、2012年で二度目の天王星と冥王星のスクエアがある重要な時期となります。アルコンはこれを用いてあらゆる暴力や争いを世界中で起こそうとするでしょう。この天王星と冥王星のスクエアは、冥王星が直線上に並ぶことから、6月の時のものよりも強力になるでしょう。




アルコンにとって、光のブレイクスルー前の最後のチャンスです。以前の私の天王星と冥王星のスクエアの投稿の時にもお伝えした、困難な時期にすべきことは:
「明日、明後日、どんなことが起きても、冷静に、しかし気を付けて過ごすこと」

アルコンとその手先はあなた方を挑発してくるでしょう。人間は怒り、恐怖、疑いや焦りの感情を持つことは自然なことです。しかし、その手には乗らないでください。自らの感情を落ち着いて観察し、深呼吸をし、あなた方のお気に入りの歌を口ずさみ、それから自分の行動を決定しましょう。

暴力に訴えてはいけません。物理的行動(暴動や革命活動)でも言葉(他人を批判したりヘイトや口論のメッセージを発すること) でもです。暴力は決して問題解決をしません。綿密に計画され、集中した行動にこそ、解決ができるのです。

それよりも美しさ、自然、瞑想に関心を向けるようにしましょう。内なる静寂を見つけましょう。そして行動するときには、その静寂から行動をしましょう。

10月7日までには、エーテル面やアストラル面では何十億ものレプティリアンが毎日掃討されるでしょう。アルコンの攻撃がピークとなっている今日では、イベントの引き金を引くと大きな犠牲者がでることが予想されるため、非常に不安定な時期です。その後、10月7日の後にはより多くの光が入ってくることでしょう。イベントについてのより多くの情報を、その後にお伝えできることと思われます。

翻訳:NOGI

2012年9月5日水曜日

星の同胞団

2012年9月5日
これは、人類を手助け、惑星を解放するために、水面下で活動している第二のポジティブな集団について書いた記事です。
その集団の一員が書いたエソテリック文書を手に入れました。いま、その集団から許可を得て、ここで公開しています。以下はその内容です。

星の同胞団はシリウスのブルーロッジの惑星前哨部隊で、木星とジュピター・コマンドを通してシリウスとつながっています。星の同胞団の目的は、サナト・クマーラの指導の下で、惑星の進化を導くことです。星の同胞団の中枢にいるのは、この惑星でアセンションに到達したマスターと阿羅漢(聖者)たちです。一方、星の同胞団の外側にいるのはエソテリック同胞団です。エソテリック同胞団を構成しているのはアセンデッドマスターたちの弟子で、彼らは第三次イニシエーション(伝授儀式)の第七準段階に到達しました。星の同胞団の物理拠点は、シャンバラという広大な地下王国です。そこには、トランス・ヒマラヤ同胞団が運営する偉大なミステリースクールがあります。エソテリック同胞団は地下王国の対外窓口です。
アトランティスの時代以来、星の同胞団が表舞台に登場したことは一度もありません。彼らは秘密裏に弟子達を介して働きかけています。星の同胞団の弟子たちから構成されたのは星の教団です。星の教団は第一次、第二次、第三次イニシエーションを受けた 144,000のスター・ビーイングから構成されたコミュニティで、一つのマンダラです。彼らは光と闇のオカルト的勢力バランスを調整するためにこの惑星に生まれ変わりました。星の同胞団からのテレパシー指導に基づいて、星の教団のメンバーは世界情勢に影響を与えてきました。
星の同胞団がテレパシーで伝えたイメージに導かれて、星の教団のメンバーたちはグレコ・ローマン文化を栄えさせました。古代ケルト文化でも、彼らはドルイド僧として活躍しました。エッセネ派の彼らは、第13代黒貴族血筋の対抗勢力として、イエスとマグダレンの聖杯家系一族のアセンション・プロジェクトに協力しました。彼らはイスラム教の神秘主義を掲げるスーフィー教団を設立しました。12世紀、彼らはヨーロッパでカタリ派とアルビ運動を立ち上げて、トルバドゥールの詩を通じて、女神の秘儀と、コンスタンティヌスの作ったキリスト教以前のグノーシス主義の神秘思想を甦らせました。13世紀に入ると、彼らはソロモン王の寺院の地下室で見つかった女神イシスのエソテリック古文書に基づいて、テンプル騎士団を設立しました。その巻物からの情報で、彼らは古代エジプトの神秘思想を甦らせ、フリーメイソンも設立しました。そして、1450年頃に星の同胞団からの霊示で、隠れていたカタル派支部がフィレンツェでルネッサンスを引き起こしました。それが今の私たちが知っている西洋文明を形作りました。これで、エソテリック同胞団の最初の代表者をチベット地下からヨーロッパに送り込む条件が整いました。
それ以来、エソテリック同胞団から数十人の代表が秘密裏にヨーロッパの舞台裏で活躍してきました。16世紀頃、彼らは主にフィレンツェ、ベネチアとヴェローナで活動していました。17世紀になると、その活動拠点はロンドンやイギリス周辺に移り、18世紀はパリになりました。エソテリック同胞団は啓蒙運動の発端に必要な霊的インパルスを星の教団に送りました。それが産業革命の基礎となって18世紀の形を変えました。
1775年のパリで、エソテリック同胞団がセント・ジャーメイン伯爵を通して、ミステリースクールの創立をもたらしました。この秘密のミステリースクールは約100年間活動しました。それから1875年に、エソテリック同胞団はヘレナ・ブラヴァツキーを通して神智学協会の設立をもたらしました。テレパシーを通して、エソテリック同胞団は科学の進歩を導きました。ニコラ・テスラも導かれた一人でした。
エソテリック同胞団はいまの惑星地球のマトリクス・システムに関わっていません。エソテリック同胞団は地表の明かされていない場所で暮らしています。
星の同胞団のエソテリック象徴はシリウスの天空の石で、炎の宝石、チンターマニ、ラピス・エセルリスで、真我(本当の自分)を表す宝石です。
星の教団のエソテリック象徴は、モルダバイトの杯で、プレアデスの天空の石、聖杯であり、私たちのコーザル体と星の気高さ、144,000の光のスタービーイングのマンダラを表します。
愛は全てに勝つ!

アトランティス時代の光のミステリースクールを純粋に伝えてきたのは星の同胞団だけです。入門には極めて厳格なルールが定められているため、カバールが試みた潜入は一切成功しませんでした。でも悲しいことに、カバールは人気のミステリースクールへの潜入に成功しました。イエズス会は1800年代初期にフリーメイソンに潜入しました。神智学協会もヘレナ・ブラヴァツキーの死後に潜入されて、彼女の教えはのちにカバールに悪用されました。それがライトワーカーの間に混乱をもたらした原因にもなりました。でも、ドリームランド作戦の一部として、やがて真実の教えは再び復活するでしょう。
私はそのため、星の同胞団のほかのメンバーからの連絡を待っています。
cobraresistance@gmail.com
Victory of the Light!

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい
【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP