2012年7月30日月曜日

本計画と皆さんにお願いできること

2012年7月30日

本計画と皆さんにお願いできること

The Plan and What You Can Do

http://2012portal.blogspot.jp/2012/07/normal-0-microsoftinternetexplorer4_30.html


計画について、新しい情報を受け取りました。

イベントは、惑星地球の複数の次元におけるブレークスルーであり、光の波が宇宙全体に送られるでしょう。イベントは精神的で物理的な性質を有するものです。イベントには非物理面でのネガティブな存在は排除され、カバールの集団逮捕や善良なUFOの目撃が激増することなどが含まれます。それはプレアデス、レジスタンスムーブメント、ポジティブミリタリー、ホワイトドラゴンソサイエティーや他の善良なグループの総力を挙げて引き起こされます。

イベントは今年の10月以降に計画されています。

イベントは始まりに過ぎません。その後は人類が受け入れが可能な限度で、出来るだけ速く物事が進んでいきます。ファーストコンタクトは、システムの再構築と同時進行となるでしょう。新たな金融制度は短命なものとなるでしょう。ファーストコンタクトの後には、貨幣が時代遅れとなるからです。アセンションは12月21日には起きないでしょう。人類は大規模なヒーリングが必要で、12月21日はアセンションプロセスの始まりとなるだけでしょう。



カバールの集団逮捕が4月~7月に起きなかった主な理由は、ポジティブミリタリーが最近までアルコンの存在を知らなかったことと、彼らの35年以上の計画への統合ができなかったことです。他には、いくつかの善良なグループがカバールに深く侵入されていたことが原因としてあります。

8月4日には特に目新しいことは起きないでしょう。8月~9月の時期にはUFOの目撃数が少しずつ増えることでしょう。人類の人質状況は少しずつ解消され、プレアデスのシップや他の善良な光の文明が地上に向かって前進してくるでしょう。

前回の投稿の補足となりますが、マドレーヌ文化期のアルコンの侵入は16,000年以上前の、平和なグラヴェティアン文化の女神信仰(旧石器時代の上位文化)を終わらせ、マドレーヌの狩猟部族社会の始まりとなりました。

多くの人が、何かしたくて、何をすればいいかを私に聞いてきます。

第一に、毎週の解放瞑想に参加してください。

第二に、情報を発信してください。

第三に、あなたの魂の美しさを周囲に広げてください。

第四に、将来的に安全な条件が整えば、世界規模のコンファレンスを主催し、惑星解放、アセンション、ディスクロージャーやファーストコンタクトなどのトピックについてお話や直接の質問の受け答えができると思います。そういったイベントを企画いただける方がいらっしゃいましたら、私へ連絡をください。 cobraresistance@gmail.com

第五に、このブログの目的である、惑星解放とそれを求める人々の反応に私の経済状況では対応しきれなくなりましたので、寄付を受け付けます。このブログの情報は、常に無料です。しかし、惑星解放への努力に貢献されたい経済的に豊かな人からの追加の金銭的援助が必要です。ロスチャイルドのカジノに完全に飲み込まれずに光側の支援をされたい経済的に豊かな人は信頼しています。寄付金は$1,000から受け付けます。毎月の援助をいただけましたら更に助けとなります。ご協力いただける方は、cobraresistance@gmail.comへ詳細をお求めください。これはカバールではない経済状況豊かな個人へ向けられたお願いであり、負担を強いるものではなく、一般人に向けられたものではないということをご理解ください。寄付金の多くは先進的な逆時間ループ技術による惑星時間軸のヒーリングに費やされるでしょう。

レジスタンスに参加したいという要望も多くいただいておりますが、それは現時点では不可能です。非常によく訓練されたエージェントだけがレジスタンスとして地上で参加をしています。イベントの後には、レジスタンスは徐々に一般大衆に知られていくことでしょう。

私のブログにコメントの投稿ができないという報告もいただいていますが、私はその理由が分かりません。カバールの介入ではなく、ただの技術的な問題であることを祈ります。コメントはほとんどの場合削除することはありませんが、あまりにもネガティブで逆効果となるものは削除します。私のブログのコメント欄は、目覚めた人達がアイデアと真実を共有できる、神聖な場として進化したのですから。

翻訳:NOGI

2012年7月26日木曜日

光の爆発

2012年7月26日

光の爆発

Explosion of Light

http://2012portal.blogspot.jp/2012/07/normal-0-microsoftinternetexplorer4_26.html


私たちはゆっくりとイベントの地平線に近づいています。イベント地平線は隔離状態の地球のブラックホールの出口です。ブラックホールから出ると、光の爆発が待っています。

これは惑星地球の隔離状態の終わりと、宇宙の闇の終わりを意味します。



26,000年前、隔離は銀河連合ではなく、闇の勢力の手によって始まりました。銀河連合は隔離された地球に人類を閉じ込めたりは絶対にしません。

隔離は量子異常によって維持されています。量子異常は時空連続体を量子レベルでの歪みです(グノーシス文書では「エラー」と呼ばれています)。量子異常は善良なETの移動技術の邪魔をします。善良なET達は神ではありませんし、それぞれの限界があります。そうでなければとっくの昔に人類の解放を成し遂げていたことでしょう。

人類を三次元に抑えつけている主な構造として、エーテルのインプラントがあります。インプラントはブラックホールによるワームホールのネットワークを形成します。26,000年前にアルコンによって創造され、16,000年前のマドレーヌ文化期のアルコンの侵入で強化されました。ブラックホール内にはレプティリアンと、それらのエーテル面のテクノロジーが含まれており、現在光の勢力によってその多くが浄化をされているところです。エーテル面とアストラル面のブラックホールには、暗いセピア色のインクの成分が含まれています。その暗黒の墨汁のような成分は、エーテル/アストラル面の光を吸収してしまいます。このインクが完全に取り除かれる時、非物理面において光の爆発があるでしょう。

強力なエーテル電磁場内でインプラントを維持することにより、無限ループが作られます。無限ループは時空連続体の歪みであり、この隔離が延々と続くような印象を私たちに与えます。それは真実とは程遠いものです。この電磁場のスイッチを切ることによって隔離は即解除されて、それを操作しているアルコンも排除されるでしょう。

もう一つの主な構造には、エーテル層のアルコン特殊技術があります。それは、私たちにあるイメージや感情ではない別のものを私たちのオーラ膜に投影する投影チェンバーです。そうやって、他の人が映し出された嘘のイメージを感じるようにするのです。それはほとんどの人間関係や争いの原因となります。このテクノロジーが除去されると、人々は急に人間関係に調和を見出すようになるでしょう。

隔離の最後の主要構造として、いつもの(平凡な)現実があります。この現実システムは、カバールによる創作であり、人々は疑問に思うこともなくそれを受け入れています。カバールは30億ドルを毎日使うことによりこの平凡な現実という幻を維持し続けています。UFOやフリーエネルギー技術の実際の証拠が出てくるのを抑圧し、9時-5時の奴隷仕事を人類にさせて維持をしています。シャーマン的な自分自身の現実を創るという視点をもつことによって、変わらない現実の枠から脱出することができます。意識的にあなた自身の現実の枠を創り出すことが、この隔離を崩壊させるための助けとなります。

レジスタンスムーブメント、プレアデス人、その他の善良なET種族による共同作戦があり、一定の条件が合えばそれについてお話ができることでしょう。

8月と9月は背景での活動が多く、すぐに結果は見えてこないことでしょう。この時期は辛抱強く、冷静になるように努めてください。9月の天王星と冥王星のスクエアの時期は特にです。

オリンピックの偽旗を心配されている方々へ、心配の必要はありません。カバールによるオリンピック関係の活動は、レジスタンスが見張っているので、大きな悪い出来事は起こりえないと言えるでしょう。

翻訳:NOGI

2012年7月15日日曜日

陰謀の層

2012年7月15日

陰謀の層

Layers of Conspiracy

http://2012portal.blogspot.jp/2012/07/normal-0-microsoftinternetexplorer4_15.html


物理的カバールの中心には、過去26,000年間私達の惑星を支配し続けてきた、13のアルコングループがあります。アトランティスの崩壊や、5,000年前の新石器時代の平和な女神信仰の破壊、古代のミステリースクールの破壊は、この者たちの仕業です。彼らは地球を隔離状態において、人類を人質にすることで、今日まで善良なETの介入をさせないようにしました。彼らのほとんどはイタリアの黒い貴族の重要人物として転生しています。

彼らのリーダーは5月5日にローマで逮捕され、この惑星から排除され、すぐさま銀河のセントラルサンにまで連れていかれました。この人物は多くのカバールのメンバーが歪んだ儀式を通して崇拝をしていた存在でした。メンバーたちは、今では居もしない存在を崇め続けているというわけです。

約2,500年前、アルコンは特殊部隊を編成し、エジプトのプトレマイオス朝に潜入をしました:

http://vaticannewworldorder.blogspot.com/2011/12/ptolemaic-papal-bloodlines-orsini_21.html
※未翻訳。世界を裏から操っている血脈ファミリーについての記事です。

この部隊は、過去2,500年に渡り組織化された宗教を通じて人類のマインドコントロールと大衆支配を続けてきました。クレオパトラの死後には、彼らの権力はプトレマイオスの血統からローマ のジュリアス・クラウディウス朝の血統へ、その後フラウィウス朝、コンスタンティヌス朝へ、そしてさらにテオドシウス朝、さらに、ビザンチンのジュスティニアーニ家へと移っていきました。中世以降には、このグループのメンバーのほとんどは、イタリアの黒い貴族の高い地位へ転生をしました。レジスタンスが2010年にこのグループへ強い抵抗を起したことにより、その権力の多くは失われました。

いずれにせよ、このグループによってイエズス会が結成され、イエズス会は500年に渡ってこの惑星を牛耳っています。以下のレポートには、少々古いですがほぼ正確にその様子の記述があります。

http://www.whale.to/b/pope.html
※未翻訳。世界で最も権力があると言われていた黒い法王についての記事です。

http://www.whale.to/b/phelps4.html
※未翻訳。サタンの使途のイエズス会による世界支配についての記事です。

ハンス・コルベンバッハはかつての黒い法王であり、現在の黒い法王はアドルフォ・ニコラスです。

以下は株式会社アメリカを経営しているイエズス会の様子です:

http://www.theoilage.com/ptolemaic-dynasty-bloodlines-t2854.html
※こちらはリンク切れです。

ロスチャイルド家はこの2世紀の間、イエズス会のための銀行家として働いています。その中で最も影響力のある者はヤコブ、エブリン、デービッドです。そして最近ではナサニエル・フィリップです。

ロックフェラー家/イルミナチ派は20世紀に、人類の科学技術の進歩を阻むためにイエズス会に作られた存在です:

http://www.humanresonance.org/veil.html
※こちらもリンク切れです。

ロックフェラー家/イルミナチ派の重要人物はデービッド・ロックフェラー、ヘンリー・キッシンジャー、ジョージ・ハーバート・ウオーカー・ブッシュ、ディックチェイニー、ジェイ・ロックフェラー、ド ナルド・ラムズフェルド、カール・ローブ、そしてポール・ウオルフォビッツです。

翻訳:NOGI

2012年7月5日木曜日

白い騎士 -騎兵隊参上

2012年7月5日

白い騎士 -騎兵隊参上

White Knights - the Cavalry is Coming

http://2012portal.blogspot.jp/2012/07/normal-0-microsoftinternetexplorer4_05.html


カバールと戦い、この惑星を自由にすることのみを目的として転生したソウルグループがあります。中世では異端審問を相手に戦い、17世紀から18世紀にはイエズス会を相手に戦いました。現代において、彼らのほとんどはロックフェラー家とロスチャイルド家を相手にしています。このグループこそが、騎兵隊なのです。

彼らはポジティブミリタリー、テンプル騎士団、ファクション2内部や、ホワイトドラゴンソサイエティーの中におり、様々なカバールのネットワーク内に潜入したり、一般大衆の中の自由闘士の中に紛れています。もしあなたがこの惑星の自由解放への燃えるような情熱があり、それを実行に移しているならば、あなたもこのグループの一人なのかもしれません!

私達一人一人は個性的でかけがえのない存在です。ソースのみが見通している宇宙の計画があり、それはライトウォーリアー達を戦略的に配置しマンダラを形作ります。私達一人一人が、それぞれのミッションを遂行することによって、このマンダラはフルパワーを発揮します。あなたのミッションを遂行してください!それが分からなくても、探し続けて、求め続けてください。そうすればきっと見つけられるでしょう。銃を手にして戦う必要はありません。あなたが明確なビジョンを持ち、聡明な知性を持ち、言葉の力を行使していくことで、光のために戦うことができます。



ベンジャミン・フルフォード、コブラ、デイビッド・ウィルコックなどのメッセンジャーを批判して光の勢力を支援するということは賢明とは言えません。メッセンジャーの仕事は情報のリレーのみであり、遅延や間に合わないことにいちいち責任は取れません。

カバールが最近核兵器から遮断されたことで、必死になって新生物兵器や化学兵器を開発し始めています。ロスチャイルド派は、7月4日に大量逮捕が起こすつもりなら、それら (フリッパーウイルスと呼ばれる兵器) を使用して、大量虐殺をすると脅してきました。それらの生物兵器にも現在対応策が取られています。

惑星解放への計画は真実であり、大量逮捕は計画の要です。カバール排除の前にはディスクロージャーもファーストコンタクトも黄金時代の到来も起こりえません。それは今から数日、数週間、数か月では起こらないかもしれませんが、それはある日やってきます。ポジティブミリタリーは、人々に被害が及びそうな状況を避けて、全ての準備が整い次第、作戦を実行に移すでしょう。

追伸: カバールのトップメンバーは多重の守備防衛機構によって長い間守られています。それらの中には、生物兵器の使用以外にも機能として含まれます。メンバーの身体機能をモニターし続けている装置もあり、異変がある場合には彼らの上級兵器システムへのアラートが発せられ、特殊コンピューターが兵器の試用をするか決定をします。それらの機構はスターダスト2が使用されたり、カバールの重要人物が逮捕された場合に自動的に発動します。そういった理由もあって、彼らはいつも怖いものなしに見え、危険回避ができるのです。

これらの仕組みは除去のため、適切な処置を施す必要があります。

翻訳:NOGI

2012年7月3日火曜日

セントラルサンの活動

2012年7月3日

セントラルサンの活動

Galactic Central Sun Activity

http://2012portal.blogspot.jp/2012/07/normal-0-microsoftinternetexplorer4_03.html


今週末の嵐、熱波、人工衛星通信の途切れや停電は、活発化している太陽の活動の直接の結果です。1859年に起きた太陽嵐「キャリントン・イベント」の穏やかなバージョンです。

http://news.nationalgeographic.com/news/2011/03/110302-solar-flares-sun-storms-earth-danger-carrington-event-science/
※日本語訳はこちら

ナショナルジオグラフィックの記事では以下のような記載があります:

「アメリカの東半分は特に脆弱です。電力インフラの相互接続度が高いため、障害はドミノ倒しのように急激に広がってしまう恐れがあります。」

私達の太陽は銀河のパルスに直接反応します。銀河のパルスは銀河のセントラルサンの活発な活動時期であり、26,000年毎に起こります。

http://www.etheric.com/GalacticCenter/Galactic.html
※こちらは翻訳中です。

私達はこの活発化する銀河の太陽の活動の時期にいます。2012年の後半は、今週末に起きたような出来事がまた起こることが予想されます。しかし、人々が恐れているような大変動やポールシフトは起きません。



私達の太陽は銀河セントラルサンから地球へ、エネルギーを伝えるための多次元スターゲートです。善良なET種族がそれらのエネルギーを地球と人類に最も有益なものとして伝わるようにコントロールをしてくれています。それらのエネルギーは惑星上の非物質のアルコンの除去や、量子異常を修正するのを手伝います。それらはまた、カバールが隠れてやってきたこと全てを、誰もが分かる形で白昼の下に晒し、闇の存在の逃げ場を無くすことでしょう。

そのため、ここ数日の出来事は、多くの人が信じているような、HAARPや人工天候操作によるものではありません。カバールにはそこまでの力はもうありません。

翻訳:NOGI
【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP